豊胸手術 授乳

豊胸手術後に授乳の予定がある場合は…

 

豊胸手術は、バストが小さいことに悩んでいる女性に
とってまさに神の技(わざ)。それまでコンプレックス
一杯だった毎日が一変・術後は自信に満ちた日々を送れる
となったら、どんな困難を乗り越えてでも
受けたいものですよね。

 

けれども術後女性にとって大事な出産や授乳をする
可能性のある人にとっては不安要素も大きいイベント。

 

もしも手術のせいで母乳が出なくなったりしたら・・・。
豊胸手術と一言で言っても、人口バッグを挿入する方法や
脂肪あるいはヒアルロン酸を注入する方法など
様々な方法がありますし、モチロンそれぞれのメリットと
デメリットもあります。

 

大切なのはまず、自分に合った手術法を選ぶことです。
そこで、将来出産・授乳を希望している女性はその旨を
まず担当医にしっかりと伝えておきましょう。

 

何故なら、安全といえる豊胸手術もこと出産や授乳に
与える影響に関しては、まだ完全な答えが出たといえる状況
には無いからです。

 

豊胸手術後のお産で、母乳の出が悪くなったという報告も
中にはあります。もちろんそれは一部の報告で、基本的には
バッグを入れたままでも授乳は充分可能です。

 

手術自体は乳腺に切れ込むわけではないし乳管を切るの
でもないのでキチンと母乳の出る仕組みは作動します。

 

ただ豊胸手術をしている以上、元もとの乳房は小さいので
挿入したシリコンバッグの分だけ手術前よりも皮膚は伸びた
状態にあるんです。

 

加えて妊娠による乳腺の発達により乳房表面がパンパンに
張った状態ですよね。この状態で授乳が始まると、手術で
切開したあたりが吊れて多少痛みも出たりしますし、あらかじ
めほぐしておかないと赤ちゃんも母乳が飲みにくく
なってしまいます。

 

それから、「吊れ」自体は慣れてくれば次第に収まるので
良いのですが、乳腺炎にだけは気をつけてくださいね。

 

豊胸手術を受けていない人よりも症状が収まるのに時間が
かかってしまうことがあるんです。

 

痛みでユウウツなまま授乳するのは赤ちゃんにも良い影響
は与えませんし、バックが入っていると知れると乳腺炎の
緩和に効果のあるマッサージも、助産師がどの程度の力加減
で行っていいのか判らなくて困る、という事態になることも
ありますからね。